読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肝臓によって解毒作用を行う

経口吸収された毒性物質は、90%以上が肝臓などによって解毒作用を受けるといわれています。

問題なのは、毎日みなさんが口にしている食べ物や飲み物には、これまで自然界には存在していない人工的につくられた有害化学物質が、たくさん含まれているということです。

保存や味をよくするために使用される食部添加物、野菜の残留農薬、肉や魚、飲料水にまで汚染物質が入っています。

このように新しく登場した有害化学物質に対して、肝臓による解毒システムが対応できないものがまれにあります。

経口吸収は吸収率が抜群に高く、解毒作用によって有害性を弱められますが、食品に含まれる有害化学物質が増加していることや、解毒作用を逃れる物質もあることに注意しなければなりません。