読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吸収率が高い場面で使用されると?

かなり危険な合成界面活性剤ですが、私たちの日常生活ではごくあたりまえのように使われています。

心配されるのは、皮膚のバリアー機能が弱い子どもや体調不良の人、怪我や皮膚病を患っている人でも毎日シャンプーをしたり、合成洗剤で洗った下着を身につけてはいないでしょうか?皮膚バリアーが弱い状態で合成界面活性剤を使うと、経皮毒の影響はさらに強くなります。

洗剤の「使用上の注意」としてラベルに書かれてはいますが、大変危険性が高いので本当に注意が必要です。

経皮毒の吸収率は頭皮や性器に近い皮膚で非常に高くなるので、健康な人にとっても合成界面活性剤の使用は安全とはいいきれません。