読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見過ごしてはならない経皮毒

経皮毒になる危険な成分が日用品にいまだに使われているのは、合成界面活性剤の使用など、条件によって経皮吸収率が高くなるということがあまり知られていないことも原因でしょう。

また、体にたまって症状が出るまで時間がかかり、影響には個人差があるため、実証しづらいというのも有害化学物質が乱用されていることにつながっています。

しかし、危険性が実証されていないからといって、安全が保証されているわけではありません。

日用品は毎日繰り返し使用するものです。

忘れてならないのは、経皮毒は体にたまりやすく、有害化学物質は体にたまることで影響を及ぼすということです。