読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーを誘発する

アレルギー性皮膚炎は皮膚で起こる病気には違いありませんが、発症のしくみが通常の皮膚の病気とは異なります。

アレルギーとは、特定の物質に対して免疫反応に異常が生じる病気です。

アレルギーは体質によって、なりやすい人とそうでない人がいます。

なりやすい人はアレルゲンというアレルギーを誘発する物質に触れる機会が多いほど発症します。

アレルゲンになる物質はごく身近なものです。

卵、牛乳、小麦などの食品や、吸入で取り込む大気汚染物質、ダニ、花粉など、日用品の成分でもある経皮毒物質などがあります。

アレルギー性皮膚炎にかかると、有害化学物質に対して皮膚がすごく過敏になります。

アレルギー性皮膚炎を起こす物質は、その人の体質によって違いますが、経皮毒物質、食品に対して日ごろから気をつけなければなりません。