読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピーの原因にもなる

アトピーとはアレルギーに似た症状ですが、皮膚炎を引き起こすアレルゲンを特定できないという点でアレルギーとは大きく違います。

口に入れるもの、皮膚でさわるものなどに、ときとして過敏に反応します。

はっきりとした原因はわかっていませんが、生まれつき免疫反応に異常があるためではないかといわれています。

有害金属や合成化学物質の中には、人の免疫機能に異常を起こさせる物質があります。

お母さんのおなかにいる間や体の抵抗力が弱っているときに、そのような物質を取り込むと、アトピーを発症するのではないかと考えられているのです。

アトピーを発症している人はアレルギーを持っている人よりも、さらに有害化学物質に対して抵抗力がありません。

健康な人にとっては無害な物質にまで、反応して湿疹ができることがあるのです。