読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有害化学物質の関与が疑われている婦人病

1.子宮内膜症2.子宮筋腫3.卵巣膿腫4.乳ガン5.子宮ガンシャンプーやリンス、生理用タンポンの使用は子宮内膜症の発症原因のひとつになっているという説が研究者によって発表されています。

それに加えて、女性ホルモンのバランスが大きく影響する婦人病も、経皮吸収をはじめとする三つのルートで取り込まれた有害化学物質が関与しているのではないか、といわれているのです。