読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体に必要な金属と、そうでない金属がある

栄養として必要な金属金属というと、鉄やアルミなどのかたまりを思い浮かべますが、私たち人間が健康に生きていくために、少量ですが必要な金属があります。

栄養学的にはこれらの金属類をミネラル、または無機質と呼んでいます。

欠乏すると健康に異常や不具合が起こるため、栄養素として摂取する必要のあるミネラルがあります。

これを「必須ミネラル」といいます。

必須ミネラルをさらに細かく分類すると、1日の必要量が100mg以上のミネラルを「主要三ネラル」といい、100mg以下のものは「微量ミネラル」と呼ばれています。

主要ミネラルにはカルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、リンなど、微量ミネラルにはクロム、セレンモリブデンヨウ素亜鉛、銅、鉄、イオウ、コバルト、ニッケルなどがあります。