読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンプーや生理用品が婦人病と関係する理由

洗剤や漂白剤の使用でダイオキシンが発生しているとなると、ごく身近な日用品から経皮吸収ルートでダイオキシンを取り込んでしまうことが大いに考えられます。

経皮吸収率が高い頭皮や性器周辺で合成洗剤を使用したり、漂白した肌着やおむつを使うだけでダイオキシンを取り込んでいることがあるのです。

ダイオキシン動物実験子宮内膜症を増加させることがわかっています。

シャンプーや生理用ナプキンで子宮内膜症になりやすいといわれるのには、こうした背景があります。

あまり知られていないことですが、紙おむつや紙ナプキン、タンポンなどの市販品は、漂白剤の使用が義務づけられています。

経皮吸収率が高い体の部分でこのような製品を使用することはとても危険なことなのです。