読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常生活のちょっとした工夫で侵入を防ぐ

環境ホルモンによる健康障害は、体質の違いや生活習慣の違いによって個人差が生じます。

プラスチックやビニール製品は高温のところで、環境ホルモンが溶け出してくる可能性が高くなります。

それが食べ物に混ざったり、日用品を使用したりすることで取り込まれているのでしょう。

環境ホルモンは体内に侵入するとき、痛みや刺激をまったく感じないので悪質です。

温かい食べ物を食べるときにプラスチック製品はなるべく使わない、経皮吸収率が高まる状況で危険性が高い日用品は使用を避けるなど、日常生活のちょっとした工夫で環境ホルモンの侵入を抑えることができます。