読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医薬部外品は本当に効果的?

肌荒れやにきびを防ぐ、傷んだ髪を元に戻すなどの薬効成分が特別に添加されている製品は、「医薬部外品」という扱いになり、成分を表示する義務がありません。

しかしながら、そのような製品でも合成化学物質が主成分であることがほとんどです。

現在では、アレルギー反応を起こしやすい物質や有害性が強いとされる物質についてのみ表示されているようですが、それも企業側の判断によるものですから、安全とはいいきれません。

肌荒れや髪の傷みなどは体調だけでなく、経皮毒物質によって生じている可能性があります。

合成化学物質が含まれた製品で治すより、合成化学物質を断つことの方が効果的な場合もあるのです。

医薬品の成分は表示されていない経皮吸収される外用医薬品や貼付薬は、治療目的によって浸透効果をあげる成分や保湿成分が含まれていることがありますが、そういった添加剤については成分表示はされません。

場合によっては、医薬品が経皮毒物質になることもあるのです。

医薬品として製造されているからには、きちんと安全碍認されているには違いありませんが、医師や薬剤師の指示にしたがって、使用方法はきちんと守るようにしてください。