読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日用品に含まれる経皮毒物質を知っておく その2

陽イオン系合成界面活性剤>洗浄力は劣りますが、殺菌作用、柔軟仕上げ作用、帯電防止作用があります。

柔軟仕上げ剤やリンス、コンデイショナーに使用される合成界面活性剤。

皮膚障害や粘膜障害を引き起こす可能性があり、神経に悪影響を及ぼす神経毒性があるともいわれています。

殺菌作用で浄化槽や環境に存在する微生物を死滅させ、生態系を変化させる危険もあります。

・塩化アルキルメチルアンモニウム(塩化セチルメチルアンモニウム、塩化ステアリルメチルアンモニウム)・塩化アルキルトリメチルアンモニウム(塩化セチルトリメチルアンモニウム、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム)・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム・ラウロイルサルコシンナトリウム(ラウロイルサルコシン塩)