読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺菌剤・防腐剤として添加される有害化学物質

・安息香酸・安息香酸塩歯磨き剤、マウスウオツシュ、ハンドクリーム、アフタ-シェーブローションなどに添加され、食品の防腐剤としても使用されています。

経皮吸収すると皮膚障害を引き起こすおそれがあり、とくに目、鼻、のどなどの粘膜に刺激があるといわれています。

飲み下すと胃腸障害を引き起こすおそれがあり、多量に摂取すると過敏状態、尿失禁、けいれん、運動不調などの強い毒性を示します。

発ガン性物質との疑いもあります。

・オルトフェニルフ工ノール(OPP)化粧品の防腐剤として広く用いられています。

経皮吸収すると皮膚、粘膜を腐食するおそれがあり、飲み下すと肝機能障害、ヘモグロビン量低下、腎臓・尿細管の異常、体重低下、寿命の短縮などを引き起こす可能性があります。

変異原生、発ガン性物質、環境ホルモン物質の疑いもあります。

パラベン(メチルパラベン、エチルパラベン)人によってアレルギーを誘発する可能性があります。