読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスは万病のもと

現代社会では、精神的ストレスが原因で病気になることが多いといわれています。

気持ちの持ちようで病気はよくもなるし悪くもなるのは、あながち迷信ともいえないのです。

不安や怒り、悲しみなどが繰り返されてストレスがたまっていくと、自律神経に乱れが生じます。

いわゆる自律神経失調症になりやすくなります。

自律神経は生活のリズムからも乱れることがありますが、代謝機能、免疫機能、ホルモンバランスと密接な関係があるため、これらの機能まで低下させるおそれがあるのです。

また、ストレスが体内のビタミンを消耗するということも、最近の研究で明らかにされています。