読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経皮毒とは日用品にひそむ見えざる危険

日用品の成分が経皮吸収されるには、合成界面活性剤の作用が大きく影響しています。

日用品の主成分、合成界面活性剤合成界面活性剤は合成洗剤の主成分ですが、その他にも柔軟仕上げ剤、シャンプー、リンス、さまざまな化粧品の成分として利用されています。

石油を原料として、水と油を融合させる界面活性作用を人工的につくり出したものです。

なぜ日用品に合成界面活性剤が使われているかというと、洗浄効果、泡立ち効果、乳化作用、帯電防止効果、殺菌作用などたくさんの作用を持ち、化学合成によって簡単に新しいものを開発できるということ、しかも比較的安価で製造できるという理由からです。

大量生産、大量消費という現代社会の流通構造にマッチしているため、多くの日用品で使用されるようになりました。