読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経皮毒から見る有害化学物質の影響

有害化学物質が経皮吸収されて体にたまると、どのような症状が出るのでしょうか?経皮毒で肌荒れ、乾燥肌、主婦湿疹経皮毒による影響が現れやすいのは、有害化学物質が最初に接触する皮膚の病気です。

肌が弱い人やアレルギーを持っている人は、毒性の強い成分が入った日用品を使用するだけで刺激を感じたり、湿疹、かぶれを起こしたりとすぐに反応がありますが、健康な肌の人では気がつかないまま皮膚障害が進行していくことがあります。

肌が乾燥しやすくなった、フケが出やすくなった、急に洗剤負けをするようになったなどは経皮毒の影響による可能性が大です。

合成界面活性剤の作用で、皮膚のバリアー機能が慢性的に弱くなった結果です。

症状が現れるまで時間がかかるのが経皮毒の特性で、それまでとくに問題を感じていない製品で、ある日突然症状が出ることもあります。